お肌のコラーゲンを増やす方法

お肌のコラーゲンとは?

お肌のハリや若さを保つにはコラーゲンが必要だと言われています。
しかし、加齢とともに減少してしまうので、しわやたるみ、ほうれい線の原因になると言われています。
タンパク質の一種で皮膚の中で生成されている成分です。
原料であるアミノ酸、ビタミンC、女性ホルモンの3つによって生成され、 3つのうち1つでも不足していると生成させません。
つまりこの3つの原料が全て揃っている必要があります。

コラーゲンはどう増やす?

コラーゲンを食べる?

コラーゲンを多く含む食品を食べると、そのまま吸収してくれるので効果的な方法と思いがちですが、食べてもそのまま吸収されるわけではありません。
胃から消化されるとアミノ酸に分解されて栄養として体内に消化吸収されてしまいます。
よってコラーゲンを多く含む食品を食べるだけでは、増やすことは出来ません。
しかし、このアミノ酸は原料の1つなので、同時にビタミンCと女性ホルモンを摂取すると生成を促す事が出来ます。
ただ、女性ホルモンは30代から減り始めてしまうので、女性ホルモンの摂取も別に必要になります。
特に不足しがちなビタミンCを摂取する基本として、十分な睡眠をとりましょう。
サプリメントからの摂取も効果的ですが、食事からの摂取も重要になります。
バランスよく栄養がある食生活を送りましょう。

コラーゲンを取り込む?

また、コラーゲン配合の化粧品をした場合もお肌に直接つけるので効果的な方法と思いがちですが、そのままお肌に浸透し定着する事はありません。
通常は分子量が大きいので、皮膚の内部に浸透することは出来ません。
しかし、低分子化して製造された化粧品は肌に吸収されやすい分子量になっています。
ただそれだけでは定着はするものの増える訳ではありません。
しかし、ビタミンC誘導体とビタミンB3とビタミンAなどの成分が含まれている場合は、肌の奥まで浸透しコラーゲンを作り出す細胞を活性化させてる役割があるので、増やすことは可能になります。
よって使用し続ける事により、お肌に定着し、効果が増します。 以上のように肌への直接のケアも重要になります。

コラーゲンまとめ

食事と化粧品両方から行うと効果が増します。
効果のある化粧品選びと、普段からアミノ酸、ビタミンC、女性ホルモンの3つが不足しないように気を付けた食生活で過ごす事が大切です。
また、コラーゲンは、紫外線によってダメージを受けたり破壊されたりしまるので、せっかく増えたコラーゲンが無くなってしまいます。
ですので、UVケアも欠かせない重要ポイントです。 現在は、ほうれい線化粧品が研究されていて、化粧品だけでほうれい線を薄くすることができるようになっているようです。